GRATEFUL DEAD に出逢い人生が変わり旅を続けて30年
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Amazonフリースペース
アルク
アルク
フジカラー
FUJICOLORプリントおとどけ便
全日空
ANA 国際線航空券
グーグル
RECOMMEND
Aoxomoxoa
Aoxomoxoa (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
このジャケット見てみて!60年代のDEADアート。
From The Mars Hotel
From The Mars Hotel (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
火星ホテルに泊まりたくない?どんなホテルだろう?
Not for Kids Only
Not for Kids Only (JUGEMレビュー »)
Jerry Garcia,David Grisman
ジェリー・ガルシアが描いた絵。どうですか?楽しそうでしょ!
Grateful Dead (Skull & Roses)
Grateful Dead (Skull & Roses) (JUGEMレビュー »)
The Grateful Dead
いいでしょ、このジャケット!『骸骨』と『バラ』
Grateful Dead Movie (Ac3)
Grateful Dead Movie (Ac3) (JUGEMレビュー »)

僕は、この映画をアメリカで観て映画館で踊っちゃったもんね。
ライヴ/デッド
ライヴ/デッド (JUGEMレビュー »)
グレイトフル・デッド
GRATEFUL DEAD は、ライヴ盤。この中の DARK STAR を聴くと嫌になるよ(初心者の方)。好きになるとやめられない(気をつけてね)。
 (JUGEMレビュー »)

JERRY GARCIA を聴くなら、どのアルバムがイイのかな?そんな人には、ベストがいいね。
Blues for Allah
Blues for Allah (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
ジャケ買いしてみない?もし、失敗してもジャケを見てるだけでアラーの神様が守ってくれるかもよ?エジプトに行った感じになるのは、僕だけ?
ミックさん、日本でVHSが出る前に観てたんですか?
category: ミックさん | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

ミックさん、コメントありがとうございました。

 

まだ日本でVHSが出る前に、「デッド・ムービー」を観たんですか?

 

久々に、冒頭のアニメを見たらスゴかったんですね。僕はいい加減にながして観ていましたが、昨日、じっくり観たらかなりイカれて素晴らしいと思いました。

 

僕がアメリカから帰って、1985年だった気がするのですが、日系人の友達からビデオが送られて来ました。ビデオデッキを持っていなかったので、近所の人の家に行って観させてもらしました。あのジェリーが動いていたのです。ビデオなんか出来るとも思っていませんでしたし、動くデッドを観られるなんて、当時は想定外でした。

 

そのビデオを観たくてビデオデッキを買いました。通販でエジプト公演のビデオがあるのを見つけ、バカ高い値段でしたが買いました。白黒で画像の悪さに感動して大喜びしました。デッドのエジプト公演でないビデオだったら、怒りだまされたと思ったと思います。

 

ミックさんと同じようにデッドが好きで良かったと思いました。

comments(0) | - | PAGE TOP↑
1974 サンフランシスコ ウィンターランド
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

「古金屋、がんばれ!最初のアニメだけでも観て寝ろよ。」

 

「スタートは、ブルース・フォー・アラーのガイコツ君のヴァイオリン演奏。火星ホテル。薔薇。ゲームが始まった。」

 

「アンクル・サム。♪レッド・アンド・ホワイト♪ ジェリーが歌い始めたよ。アンクル・サムが踊ってる。杖を飛ばしている。」

 

「スティール・フェイス。」

 

「今度はボブが歌っている。バイクに乗って猛スピードで走っている。街を出てどこに行くんだろ?」

 

「道の横に足だらけ。何?」

 

「理解不能。摩訶不思議な世界。これがデッドなんだ。」

 

「牢屋の中にアンクル・サムが入れられてるぞ。」

 

「♪アンクル・サム・・・ウェイヴ・ザ・フラッグ・・♪ デッドヘッズが踊っている。最前列の髪の長い男はイカれてる。」

 

「ジェリーが出てるぞ。」

 

「デッドヘッズが両手を上げて拍手。この映画はデッドヘッズをデッドより映している。最高!」

 

「ジェリーがガンガンに弾き、ボブが叫んでいる。♪サタディ・ナイト♪」

 

「ドナさんもいる。若いねぇ。」

 

「キースがピアノを弾いている。ステージの上で踊っているのは誰なんだ?」

 

「関係者?ビル・グレアムが出て来てクルーを紹介。」

 

「古金屋、出来るじゃないか!少しでいい。リハビリ。」

 

「そうだね。」

 

「出て来いよ。」

 

「またね。」

comments(1) | - | PAGE TOP↑
ザ・グレイトフル・デッド・ムービー
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

「古金屋、ヤル気になったか?この前、3日続いて驚いたけど、また消えた。」

 

「この前のビデオを元あった場所に返したら、『ザ・グレイトフル・デッド・ムービー』が隣にあったんだ。」

 

「それを観る気になったのか?」

 

「知ってる?始めはアニメで始まるんだ。サイケデリック。昔、観てブログに書いたかも?」

 

「覚えてないんだろ?」

 

「覚えていない。」

 

「早く観ようよ。」

 

「急に思い出したことがあってね。」

 

「記憶が戻ったのか?」

 

「物忘れがひどくて、一番好きだったデッドのことを忘れているんだ。」

 

「何を思い出したんだ?」

 

「カリフォルニアのどこかの街で真夜中にこの映画をやっていたんだ。Kちゃんと行った。1980年か1981年。難民がいっぱいでね。今では日本でも映画館で踊るかもしれないけど、40年も前に、映画館で踊る姿を観たんだ。デッド・クレイジー。」

 

「古金屋も踊ったんだろ?」

 

「当たり前だのクラッカー。」

 

「『当たり前だのクラッカー』なんて昭和のコマーシャル。早く観ようよ。」

 

「サイケデリックな漫画で始まるんだ。知ってた?」

 

「知ってるよ。」

 

「楽しみだね。」

 

「早く始めろよ。」

 

「今日は、ここまでにするよ。」

 

「いつから始まるんだ?」

 

「わからない。でも、リハビリで始めてみる。」

 

「出て来いよ!」

 

「またね!」

comments(0) | - | PAGE TOP↑
3日連続
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

「古金屋、キャン ユー パス ザ サード デイ テスト?キミは、3日めのブログ挑戦テストに合格出来るか?習慣は21日続ければ習慣になると何かに書いてあった。」

 

「21日???」

 

「昔は1日に何度も書いていた時があったんじゃないか!そんなペースだと続かないから、という親切な提案を無視して書いていただろう。」

 

「調子にのっていた。」

 

「でも、1週間に1回くらい書く習慣にしたら?」

 

「ザ サード テストは、受けてみる。ビデオの残りがあった。」

 

「本当?」

 

「アンコールが残っていたんだ。」

 

「古金屋、名前が出てくるだけじゃないか!もう終わってるよ。」

 

「おかしいな?デッドヘッズが叫び続けている。きっとアンコールはあるよ。」

 

「終わったぞ。」

 

「本当だ。それじゃあ、このテストは不合格?」

 

「合格にしてやるよ。」

 

「出て来ただけで奇跡だ。」

 

「良かった。」

 

「このまま忘れるなよ。」

 

「忘れないよ。またね。」

comments(0) | - | PAGE TOP↑
昨日の続き
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

「古金屋、出て来る気か?『アッと驚く為五郎。』」

 

「そんなセリフを知っているのは、じいさんだな?」

 

「じぇじぇじぇ!」

 

「それも古い。今は、ふぎょぎょでしょ!」

 

「連ドラ見てるな?」

 

「あまちゃん以来、見てる。」

 

「デッドを聴けよ。ジェリーを聴けよ。」

 

「♪ファイア・ファイア・オン・ザ・マウンテン♪ 今年、カリフォルニアで山火事。ニュースで見たけど、スゴイね。」

 

「古金屋、ジェリーの顔を観ろよ。思い出せよ。」

 

「いい顔してるね。僕にはクマには見えない。」

 

「クマに似てるって言われたんだな。」

 

「まあね。この曲、いいね。」

 

「曲名忘れたの?フェイド・アウェイでしょ!」

 

「思い出した。」

 

「古金屋、デッドを思い出すには年月がかかる。期待は出来ないけど、思い出せよ。」

 

「飛び跳ねるデッドヘッズ。陶酔しているデッドヘッズ。ジェリーの右手の中指が無い。」

 

「そのことは覚えているでしょ!」

 

「ジェリーの個性だからね。」

 

「ビデオでデッドを観ろよ。」

 

「ビデオだと映りが、80年代。長い髪の女の子が、髪に花をつけているよ。」

 

「古金屋、金髪の背の低い女の子に紅い薔薇をもらって、お手手つないでもらって、会場に入って人生が変わったんだろ?」

 

「そういえばそうだ。」

 

「徐々に思い出せよ。」

 

「そうだね。ジェリーズ・ウィークがあって良かったよ。」

 

「わすれないうちに出て来いよ。」

 

「またね!」

comments(0) | - | PAGE TOP↑
デッド・アヘッド
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

ジェリーズ・ウィークが終わる。

 

ジェリーが動いている姿を見て観てみたら、僕は生き返れるかもしれない。

 

僕が観た頃のグレイトフル・デッド。1980年。ビデオを観よう。

 

「デッド・アヘッド」にしてみよう。

 

アコースティックから始まるので僕には丁度いい感じ。

 

デッドヘッズが雄叫びをあげている。

 

ジェリーは生きている。黒いT-シャツ。髪もぼさぼさ。ヒゲも最高。

 

1980年は、デッド15周年。

 

全てがジェリー、全てがデッドの頃を今思い出す。

 

封印していたデッドを観ている。僕が封印した。封印したくてしたんじゃない。突然、封印されたのだ。

 

僕の脳の何かが、デッドを聴かせてくれなくなったのだ。

 

ジェリーズ・ウィークに感謝。勇気を出して動くジェリーを観ているのだ。

 

アコースティックが終わった。コメディアンが二人出ている。何回も観た記憶がよみがえった。

 

♪ミー・マイ・アンコー♪ ボブだ。

 

おおおおおおおおおお〜、ジェリーじゃないか!ソロで弾きまくっている。

 

古金屋!生き返るんだ。このままで終わるのか!

 

僕は忘れてしまっているのだ。忘れようとしているのだ。

 

意味不明だろう。理解不能だろう。

 

僕も、まともでこのブログを読んだら、あまりのイカれた文章に理解できずにあきれるだろう。

 

ジェリーのギターの音色を思い出した。ジェリーの動く姿を思い出した。他のメンバーも思い出した。

 

ジェリーは神様と言っているバカがいたが、ジェリーは神様かもしれない。

 

ジェリーの命日。

 

僕は、まだ生きている。生きているうちに、ジェリーをたのしめるようになりたい。

comments(0) | - | PAGE TOP↑
8月2日、ミックさんを思い出していた。
category: ミックさん | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

はっ?

 

「ミックさんからコメントもらったからでしょ!」と思うだろう。コメントをもらう前だ。コメントに気づく前だ。

 

僕が、ミックさんを思い出していた理由がわかる人はいないだろう。もし、おられたらその人は宝くじが当たる気がする。

 

ミックさんにもわからないだろう。

 

美味しくて美味しくてたまらなかった。

 

さて、何があったのでしょうか?

 

僕はジェリーがまだ聴けない。

 

ジェリーのコレクションもまだ見れない。

 

重症だ。

 

僕は、まだ食欲はある。長い間、気になって、死ぬまでに食べてみたいものがあった。

 

確かなことは覚えていないが、いつだったかミックさんのブログに載っていた。

 

僕は、すぐに手に入ると思ってアマゾンを検索した。売っていなかった。

 

7月31日の夜中、目が覚めた。

 

あまりの暑さに思い出したのだ。アイスクリーム。

 

アマゾンを検索してみた。チェリー・ガルシア。そうしたら、ベン&ジェリーズアイスクリームと出て来た。

 

送料込み、3142円。6個入り。

 

届け日予定が8月7日か8日だった。

 

僕は何年ぶりに値段を考えることなく、クリックした。

 

突然、8月2日にアイスクリームが届いた。

 

喜怒哀楽がなくなり、生きるだけで精一杯の僕が、その濃厚な美味しいアイスクリームを食べて久々に喜んだ。

 

食べながら、僕はミックさんを思い出していたのだ。

 

ミックさんのブログ書かれてましたよね。

 

ありがとうございました。アイスクリームとミックさんのコメントのお陰でブログが書けました。

comments(1) | - | PAGE TOP↑
ジェリー!
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

僕は何ヶ月ぶりにジェリーを聴いている。何年ぶりに、1枚を通して聴いている。

 

僕は、ジェリーを聴けるはずなのだ。

 

それなのに避けている。理解できないだろう。この僕がわからないのだ。

 

あれほど好きだったジェリー。全てを愛していた。突如、聴けなくなったのだ。

 

いつになったら聴きながら、叫び、踊り、幸福感で一杯になるんだろう?

 

ジェリーの誕生日を忘れていなかって良かった。

 

 

comments(0) | - | PAGE TOP↑
ジェリー誕生日おめでとう!
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

今日は、忘れていません。

 

長い間、サボっていたら広告が入っていました。

 

反省してまた書かなくてはね。

 

ゴメンね。

comments(1) | - | PAGE TOP↑
宗教でも信じたらいいんじゃない?
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

お久しぶりです。どうにか生きています。

 

今日、元塾生で31歳になる友人がやって来た。彼が買い物に行くというのでついて行った。

 

僕は、「良かったよ。今日、来てくれなかったら、朝から外に出ないで一日を過ごすとこだった。最近、何か不安でね。」

 

「宗教でも信じたらいいんじゃない?神様が必要なんじゃない?」

 

「音楽は聴かなくなったの?」

 

「聴けないというか聴かなくなったんだ。」

 

「誰か好きだったじゃない。」

 

「人生だった。」

 

「グレイトフル デッドだったっけ?」

 

「そう。」

 

「今、何歳くらい?」

 

「ジェリーは死んだよ。他のメンバーは74歳とか75歳かな?」

 

「死んだから聴かなくなった?」

 

「そういうわけじゃない。聴けなくなったんだ。僕の神様だったんだけど。」

 

「死んでも神様は神様じゃない?キリストとか?」

 

「また、神様を信じたらいいんじゃない?」

 

 

comments(0) | - | PAGE TOP↑
new old
SPONSORED LINKS
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH