GRATEFUL DEAD に出逢い人生が変わり旅を続けて30年
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Amazonフリースペース
アルク
アルク
フジカラー
FUJICOLORプリントおとどけ便
全日空
ANA 国際線航空券
グーグル
RECOMMEND
Aoxomoxoa
Aoxomoxoa (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
このジャケット見てみて!60年代のDEADアート。
From The Mars Hotel
From The Mars Hotel (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
火星ホテルに泊まりたくない?どんなホテルだろう?
Not for Kids Only
Not for Kids Only (JUGEMレビュー »)
Jerry Garcia,David Grisman
ジェリー・ガルシアが描いた絵。どうですか?楽しそうでしょ!
Grateful Dead (Skull & Roses)
Grateful Dead (Skull & Roses) (JUGEMレビュー »)
The Grateful Dead
いいでしょ、このジャケット!『骸骨』と『バラ』
Grateful Dead Movie (Ac3)
Grateful Dead Movie (Ac3) (JUGEMレビュー »)

僕は、この映画をアメリカで観て映画館で踊っちゃったもんね。
ライヴ/デッド
ライヴ/デッド (JUGEMレビュー »)
グレイトフル・デッド
GRATEFUL DEAD は、ライヴ盤。この中の DARK STAR を聴くと嫌になるよ(初心者の方)。好きになるとやめられない(気をつけてね)。
 (JUGEMレビュー »)

JERRY GARCIA を聴くなら、どのアルバムがイイのかな?そんな人には、ベストがいいね。
Blues for Allah
Blues for Allah (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
ジャケ買いしてみない?もし、失敗してもジャケを見てるだけでアラーの神様が守ってくれるかもよ?エジプトに行った感じになるのは、僕だけ?
テンペスト
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

夜な夜な散歩から帰って来ました。

大風で出るのを止めようかと思いましたが、大雨でないので思い切って外に出たのです。

スゴい風。

今日は、ボブ・ディランの最新作を聴いてウォーキング。

何か聴けば聴くほどよくなる気がします。


これから、こんな日記も書いてみようかな?

 
comments(1) | - | PAGE TOP↑
安物買いの銭失い!
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

        



ボブ・ディランのカセット・テープを23本ゲットして以来、ebay・オークションのボブ・ディランのカセットテープもチェックするようになった。

SLOW TRAIN COMING は、リアルタイムで買ったレコードで大好きだった。大好きだったレコ−ドだったのに、持っていないので売ったのだろうか?CDを買った。

先日、落札したカセットテープが届いた。聴いてみた。聴けないことはない。でも、変な音だ。テープレコーダーから、ギーギー音がする。失敗だった。ジャケットはきれい。1000円以内でゲット出来て喜んでいたのに・・・・。

30年前(1979年)のカセットテープだからね。

テープのたるみを直すために早送りしてみた。少しは、いい感じ。

これで、ボブ・ディランのカセット・テープ・集めは止めることにしよう。良かったでしょ!
comments(0) | - | PAGE TOP↑
★tempest ★   Bob Dylan
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

        


本日、無事到着!

噂の「デビュー50周年に解き放つ正真正銘全曲書き下ろしの通算35作目のオリジナル・ニューアルバム!」

僕が一番好きなミュージシャンは、ジェリー・ガルシア(神様)。二番めは、ボブ・マーリー。二人共亡くなっている。

三番めに好きなのは、ボブ・ディラン。生き続けて71歳。毎年、100回のコンサートをするらしい。

僕は、真面目に解説を読んだことがない。それなら、輸入盤で充分だ。帯付きが好きなので通常盤でもいい。それなのに、「付録付き」という理由で完全生産限定盤を購入することに決定。2800円。

聴く前に、「レコード・コレクターズ」を読んでしまった。

「スゴい!伝説?とんでもない。復讐劇。50年目の決着。想念の迷宮。」「振り返ってみると全然何も変わっていない」

僕は、デッドに関しては、30年以上、ほぼ毎日聴いている。まだ、わからないが、「独断と偏見」で屁理屈・小理屈を言う。意味はないけどね。

ボブ・ディランは、オフィシャル盤をほぼ全て聴いている程度だ。そんな僕が意見を言うのは、100年早い気もする。

でも、8曲まで聴いた感想を言わせて!

スタートは、「はっ?スゴいの?」。しかし、徐々に、やって来た。味のあるボブ・ディラン。2800円なら怒らない。

最近、「山崎ハコ」と「浅川マキ」を新品で買ったぐらいだ。他は、某密林の中古。

★tempest ★ スタート。このアルバムは、何度聴けば、わかるのだろう?何十回、聴いて理解できるのだろうか?

只今、気分が良いので、素敵なアルバムに違いない。

ここ最近、デッドを忘れて、ボブ・ディランが、(タケさんの言う通り)マイ・ブームでした。
comments(0) | - | PAGE TOP↑
BOB DYLAN ・ファースト・カセットテープ・来日!!!
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

              


某密林から、「ボブ・ディラン・最新CDを発送しました。」・メールが届いた。

「今日は届くだろう。」と待っていた。

そうしたら、「ボブ・ディラン・最古(ファースト)・カセットテープ」が届いた。

1962年3月19日リリースのアルバム。1941年5月24日生まれなので、20歳の作品。

先日、23本のボブ・ディラン・カセットテープを衝動落札したために、オリジナル・アルバム・カセットテープを集めたくなり、このファースト・アルバム・カセットテープを落札してしまった。

その後、冷静になり、ebay・オークションに参加していない。エライ!

2012−1941=71 71歳のボブ・ディランのアルバムはどんなのだろう?気になるよね。
comments(0) | - | PAGE TOP↑
★ボブ・ディラン★・カセットテープ 23本 「どんな気がする?」
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

        


☆DYLAN & DEAD ☆・カセットテープ・準コレクター。只今、10本所有。ウルグアイ製が ebay・オークションに出ているけど、買わない。約20ドル(送料込み)。弱い。エライ!

もちろん、☆ブルース・フォー・アラー☆・カセットテープなら買う。強い。バカ!

先日、☆DYLAN & DEAD☆・カセットテープをチェックしていたら、「23本は、どう?どんな気がする?」とオークションに出ていた。

僕は、デッド以外に手を広げない主義。ディランもオフィシャルCDは、無理してでも買うけど、それ以外は、もう手を出さないことにしている。エライ!

驚く程、安いオークション・スタート。敵は、想定一人。「どんな気がする?」

「こんなチャンスは二度とないぞ!」「一気にゲット!」「買ってどうする?」「この23本買うと、もっと欲しくなり、ディラン・カセット地獄に落ちるぞ!」「無視するんだ!」「死んだらどうなる?ゴミじゃないか!」「売ろうとしても、売れないぞ!」

僕は、ちょっとだけ、一回だけ、入札することにした。意志薄弱。

敵が現れた。outbit! 負け!なぜか安心した。

「もう一回だけ、入札したら?」「止めるんだ!」

★天使と悪魔★ の声が聞こえて来た。「どんな気がする?」

「迷ったら買い!」「もう一度だけならいいんじゃないの?」「誘惑の甘い罠(ワナ)!」

僕は、もう一回だけ挑戦した。その結果・・・・・・、落札!

送料の方が高かった。バカじゃないの?

この落札以来、僕は、「ebay・オークション・自粛」をしていた。大人!

昨日、「そろそろ見てもいいんじゃないの?」「秋になりそうだしね。」「涼しいもんね。」「他に何も興味ないんでしょ!」と ☆悪魔☆ が囁(ささや)いた。

ちょっと見たら、また欲しいモノ発見。ヤバい。イケナイ!病気。治さなくては・・・・・。

あと4日後に、そのモノのオークションが終わる。

「落札する気?」「どんな気がする?」
comments(0) | - | PAGE TOP↑
SLOW TRAIN COMING
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

               

「古金屋、今日は水曜日。定休日じゃないの?」
「良く知っているね。」
「無理すると、また、★ブログ・イヤイヤ病★ になって、『気力、体力の限界です。止めます!』 と言い始め、タケさんが、『本当に止めるんですか?古金屋さんのブログを楽しみにしている人がいるんです。』 と褒め殺しの言葉をかけてくれ、最終的に止めないというワンパターン・マンネリ・ツマラナイ・話になるんじゃないの?読んでいる人の中に、本当に止めて欲しい人がいる気がする。」
「僕も、今日は休む日に決めて寝ていたんだ。夜な夜な散歩に出る前の休憩。目が覚めたら、タケさんが、僕を呼んでいるような気がしたんだ。」
「はっ?イカれたんじゃない?」
「コメントを読んでいたら、ザ・バンドが好きとか?デッド、ディラン、ザ・バンドがベスト3と書いてあって・・・。僕は、デッド、ディラン、ボブ・マーリー。」
「それが言いたかったの?」
「そうしたら、オフィシャル盤の SLOW TRAIN COMING が聴きたくなったんだ。レコードを擦り切れるくらい好きだったのに、そのレコードが無いのが不思議なんだ。」
「お金のために売ったんでしょ!」
「お盆だったでしょ。お坊さんが三人やって来てくれてね。禅宗、真言宗、浄土真宗。」
「はっ?ヘンじゃないの?」
「我が家は浄土真宗。お墓がなぜか禅宗のお寺にあるんだ。話を聞くと親戚が三軒集まって、近くだったことと何かの縁で、昔々、墓所を購入したとか?真言宗のお坊さんは、親戚なんだ。」
「仏教だけだね。」
「そうなんだ。ふと、思ったんだ。ユダヤ教だったボブ・ディランがキリスト教に改宗したとは、どういうことか?ってね。」
「古金屋、もしかして、外国の宗教に改宗する気なのか?」
「バレた?」
「はっ?」
「安楽死教(デッド教)だったけど、生き神様のディラン教にしようかと迷ったんだ。」
「バカ!バカ!バカ!宗教を冒瀆(ぼうとく)<神聖・尊厳なものや清純なものをけがすこと>しているぞ!」
「僕には、音楽も宗教なんだ。★JERRYは神様!★ なんだ!」
「音楽解説は?」
「もう11時。今から夜な夜な散歩。またね!」
「途中じゃない?」
「ここで終われるので、やはり僕は、デッド教!」
comments(1) | - | PAGE TOP↑
★ボブ・ディラン★ レンタル落ち(2枚)、友達からもらった(2枚組)、新品で購入(1枚)
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

        


♪アイ・ニード・ア・ショット・オブ・ラブ♪ (打ってください 愛の注射を)

1981年、アメリカから帰って、新品で2500円で、★SHOT OF LOVE★ を買った。当時は、アメリカかぶれ、アメリカ的、だから帯を捨てている。レコードはきれいだが、ジャケットはカビ入り。

★SLOW TRAIN COMING★ と ★SAVED★ が大好きだった。当時、キリスト教に改宗したらしかった。レコードが無い。なぜだろう?アメリカで売ったのだろうか?日本に帰ってCDを買った。

キリスト教改宗、3部作の最後が、★SHOT OF LOVE★。



          Tempest


デビュー50周年、71歳にして、通算35作目となるニューアルバムが、2012年9月26日に発売予定らしい。初回生産限定盤、テンペスト・デラックス・エディションが出るらしい。某密林で2800円。通常盤は、2560円。輸入盤は、1613円。


comments(1) | - | PAGE TOP↑
★ボブ・ディラン★ を聴く!!!
category: BOB DYLAN | author: 古金屋
JUGEMテーマ:音楽

       


タケさんがボブ・ディランの事について、コメントに書いていたので、久々にレコードを出してみた。

昨日から、9枚(一組2枚組有り)聴いた。

ボブ・ディランは、1978年から聴いている。2ドル50セント(当時1ドル240円くらい)の中古盤。

日本に帰る前に、相当の数のレコードを売り、日本に帰ってからも、★デッド・軍資金★ のためにバカ安で売り払った。「★エサ箱・用★ にアメリカのボロいレコードありませんか?」と中古レコード屋のオッサンに言われて、買ってもらった。レンタル・レコードがなくなる頃、300円か500円で買い漁った。中古屋のオッサンは、「レンタル・レコードは買えない!」と言ったので、「何でも買います。」という店で、二束三文で売った。レコードを知らない世代の若者にもあげた。

残ったのは、GRATEFUL DEAD、ボブ・マーリーとボブ・ディラン中心。レゲエと日本人アーティストは、あるけどね。

これらのレコードは、買った時から、バリバリ音がする。その上、僕がボロ・ステレオのボロ針で聴いていたので、素晴らしい。レコードを落としても、シミがあっても、日焼けでも関係ない。

ボブ・ディランが来日すると知った1994年。みうらじゅん氏の本の中で、師匠・中野D児氏が、「オール・オア・ナッシング」と言ったと本に書いてあったので、信用した僕は、聴いていないディランのオフィシャル・CDをほぼ全て買って聴いてコンサートに行った。それらのCDは、売っていない。

僕は、3年前まで旅も人生だった。アメリカ、ヨーロッパ、中東を旅するといつも、「ユダヤ人」の事が気になる。好きか嫌いかの世界。まるで、グレイトフル・デッドと同じ。デッドヘッズを摩訶不思議な新興宗教の会員のように、乞食、ヒッピー、ドロップアウトしたつまらない人間と軽蔑する人とデッドヘッズと知ると大喜びして親切な人達。

アメリカ国籍・ユダヤ人の英語教師と知り合い2年間、毎週2回会い、何度も国内を旅した。彼のおばあさんはアウシュビッツで亡くなったらしい。

僕はその話を聞いて、アウシュビッツ強制収容所を訪れた。原点のイスラエルにも行った。ユダヤ人のことは、日本人の僕には、さっぱり理解出来ない。僕の会ったユダヤ人は、誰も優しかった。

僕は、ボブ・ディランを聴くと、その友達を思い出す。
comments(1) | - | PAGE TOP↑
SPONSORED LINKS
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH