GRATEFUL DEAD に出逢い人生が変わり旅を続けて30年
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Amazonフリースペース
アルク
アルク
フジカラー
FUJICOLORプリントおとどけ便
全日空
ANA 国際線航空券
グーグル
RECOMMEND
Aoxomoxoa
Aoxomoxoa (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
このジャケット見てみて!60年代のDEADアート。
From The Mars Hotel
From The Mars Hotel (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
火星ホテルに泊まりたくない?どんなホテルだろう?
Not for Kids Only
Not for Kids Only (JUGEMレビュー »)
Jerry Garcia,David Grisman
ジェリー・ガルシアが描いた絵。どうですか?楽しそうでしょ!
Grateful Dead (Skull & Roses)
Grateful Dead (Skull & Roses) (JUGEMレビュー »)
The Grateful Dead
いいでしょ、このジャケット!『骸骨』と『バラ』
Grateful Dead Movie (Ac3)
Grateful Dead Movie (Ac3) (JUGEMレビュー »)

僕は、この映画をアメリカで観て映画館で踊っちゃったもんね。
ライヴ/デッド
ライヴ/デッド (JUGEMレビュー »)
グレイトフル・デッド
GRATEFUL DEAD は、ライヴ盤。この中の DARK STAR を聴くと嫌になるよ(初心者の方)。好きになるとやめられない(気をつけてね)。
 (JUGEMレビュー »)

JERRY GARCIA を聴くなら、どのアルバムがイイのかな?そんな人には、ベストがいいね。
Blues for Allah
Blues for Allah (JUGEMレビュー »)
Grateful Dead
ジャケ買いしてみない?もし、失敗してもジャケを見てるだけでアラーの神様が守ってくれるかもよ?エジプトに行った感じになるのは、僕だけ?
<< タケさんの新情報! | main | 1979.8.5. >>
今井さん、ありがとうございます。1979.8.5.
category: GRATEFUL DEAD | author: 古金屋

JUGEMテーマ:音楽

 

「古金屋!!!今井さんからもうコメントがもう届いているぞ!風呂から上がったんだろ?」

 

「本当だ。今井さんはスーパー・サラリーマンだったんだ。トルコにいたらしい。朝4時には起きるのが習慣の人と思っていた。」

 

「友達がいなくなって、孤独で不安で、ヤル気をなくし、夕方暗くなって、とぼとぼ散歩していただろ。川沿いの道。寒かっただろ。」

 

「寒かった。運動不足で歩いてもフラフラ。」

 

「今井さんとタケさんのコメントで少なくとも二人は友達いる。感謝しろ。」

 

「感謝する。」

 

「コメントに、『いつか書く気になって気が乗ったらたくさんあるであろう中で書ける範囲内でデッドの至高体験をブログで書いてみてください!』と書いてあるぞ!」

 

「忘れたんだ。」

 

「はっ?記憶喪失?脳トレが必要なんじゃないか?」

 

「最初のコンサートは覚えている。1979年8月5日。最低最悪のコンサート。だまされた。『デッドを体験すると人生変わりますよ!』と日本人のカップルに言われて行ったんだ。名前を聞いたこともないバンド。奇妙な名前。日本語で安楽死とか?」

 

「思い出したんだな?今井・マジック!」

 

「所はカリフォルニアのオークランド。コンサート会場に着いたら、難民がいたんだ。見たこともない汚い群集。こんなにヘンな人間がこの世にいていいのかと思ったよ。髪の長い男。それも腰までありそう。夜だというのに妊娠している女。バカだろ?赤ちゃんを抱いて来ているバカなカップル。想像できない世界。」

 

「コンサートはどうだったんだ?」

 

「コンサートじゃない。音楽じゃない。聴いたこともない雑音。苦しいんだ。重い。コンサート会場から逃げたかった。どうしてコンサートで苦しまなくてはいけないのかわからなかった。」

 

「逃げればよかったのに。」

 

「僕は車で連れて行ってもらっていたんだ。帰れない。一曲が長い。途中でワケのわからない雑音を終わること無しに出すんだ。垂れ流し。僕はトイレに逃げたよ。終わったと思ってうれしくなったら、『これからだよ。』と言われた。第二セットとか?理解不能。」

 

「何なんだ?」

 

「何なんだろう?とにかく行ってはイケナイ世界。見てはイケナイ世界。その雑音で踊っているんだ。二階で座って見てたけど、バカ達が大喜びして踊っていた。」

 

「古金屋もバカだろう?」

 

「僕は、デッドに出逢わなかったらバカにはならなかった。まともだった。行くんじゃなかった。今、反省している。」

 

「コンサートはいつ終わったの?」

 

「それが終わらないんだ。」

 

「終わらない。もういいだろ、やっと終わったと思ったら、アンコール。アンコールなら一曲でいいのに永遠に続きそうだった。」

 

「どうなったの?」

 

「最後は覚えていないけど、連れて行ってもらった日本人は感動していた。僕は感性が違うと思った。」

 

「古金屋はロックを知らなかったんだろ?」

 

「フォーク。井上陽水、吉田拓郎、かぐや姫、チューリップ、山崎ハコ。」

 

「終わって連れて帰ってもらったんだな?」

 

「連れて帰ってもらった。もう二度と行かない、行ってはイケナイ、クソボロ・バンド、クソボロ・ファン。」

 

「それなのに、どうしてデッドヘッズになったの?」

 

「どうしてだったかな?」

 

「忘れたのか?」

 

「忘れた。」

 

「思い出せよ。古金屋、一瞬だけど生き返ったんじゃない?」

 

「生き返った感じがした。」

 

「今井さんに感謝しろよ。死んだような生活から抜け出ないと・・・。」

 

「抜け出たい。」

 

「今井さんが言ってくれたように、書く気になったら、書いてみろよ。」

 

「思い出したらね。またね。」

comments(1) | - | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | PAGE TOP↑
お久しぶりです。私も友達に入れて下さい〜^^
by 塩田 (2018/02/18 8:29 AM)






SPONSORED LINKS
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH